独学国家資格取得研究

独学で国家資格を取得する研究

気合根性より習慣が大事です。

f:id:ishihide21311:20210127092105p:plain

僕の勤務先は、幹部の年齢層が高く、高度成長時代、バブル時代の拡大路線を大企業で頑張ってきた諸先輩方が経営陣になります。

今年度の事業計画が発表されました。簡単に言うと、とんでもなく高い目標値を設定し、精神論を掲げて皆で気合、根性でこの苦しい時期を乗り越えようといった感じです。

世代間ギャップもある思うのですが、AI化、DX化がどんどん進み、コロナ明けの新しい時代を迎えるにあたり、精神論で乗り切るのは、かなりしんどい感じはあります。

間に立たされる中間管理職の立場では、過度なストレスを感じるでしょう。

僕の場合は、経営陣でもなく、中間管理職でもなく、知識を生かして働いている為、比較的ストレスはありません。

学習についても同じようなことが当てはまります。

精神論学習が続かない理由

  • 気合、根性論は無理がある。
  • 長期的に持続可能が難しい。
  • 学びの習慣化が一番大事。

まず、学習するのに、気合根性は不要だと思います。

気合根性の勉強方法は、短期的学習のみに有効です。どうしても取得合格しなければならない資格や試験がある人は、気合根性で乗り切ればいいと思います。

ただ気合根性で乗り切れる試験はそんなに難しくありません。

次に、気合根性は長続きしません。途中で心折れる人がほとんどです。

不動産会社で売買仲介の仕事をしていると、飛込営業で土地や中古マンションを買い取って再販する会社の営業が頻繁に来店します。

最初に名刺交換した時は、とても威勢がいいのですが、3ヵ月後にいなくなっている人がほとんどです。

勉強は、日々の積み重ねが重要です、コツコツ毎日勉強すれば、将来複利になって大きなリターンを得られます。

最後に、このブログで何度も書いているのですが、「学びの習慣化」が一番大事です。勉強を癖づける事です。僕もそうでしたが、最初は誰でもしんどいです。

1日1項目でもいいので、新しい事を学びましょう。徐々に学びに費やす時間が増えていきます。知識が増えると毎日が楽しくなり、雪だるま式に勉強習慣がついていきますよ。