独学国家資格取得研究

独学で国家資格を取得する研究

「勉強を習慣化」するのは、「早いほど良い」と思った。

f:id:ishihide21311:20201105160341p:plain
僕は、過去に職場の先輩社員から、若手時代に「資格はいくらあっても荷物にならないからいっぱい取った方が良い。」「年取ってくると体力的に勉強できなくなる。」というアドバイスを頂いて、コツコツ勉強してきましたが、「特に加齢による体力・集中力の衰え」に関しては、個人差もあると思いますが、注意したいところです。

僕の勤務している会社では、毎年宅建、管理士、競売主任、相続関係等の資格を取ることを奨励していますが、50歳を超えている諸先輩方は、毎日勉強することがとても辛そうです。よく「老眼で文字が見えない。」「集中力が持たない、本を読んでると他の事を考えてしまう。」等、弱気な発言が目立ち、試験を受けても不合格になる人が多いです。

同じ職場に60歳近くで、宅建士に1回で合格した方もいらっしゃるので、一概に言えませんが、年齢を重ねてから、勉強し始めたり、新しい習慣を身に着けたりする事はなかなか面倒な作業のようです。

もう、勉強しなくても大丈夫な「高い技術や強い営業力」や「働かなくても十分暮らせる資産」を持っている人はいいと思いますが、コロナ後の世界、AIの発達、老齢化社会、移民の受入れ等々、将来的にかなり変化してくるであろう社会で生き残るのは、なかなか大変です。

早い内から、「勉強を継続してやれる能力」を身に着けると将来的な不安も徐々に和らいでくれると思います。